SAPとPanaya SAP S/4 HANAへの移行加速に向けて協業を開始

PanayaはSAP S/4 HANAへの移行をより速く、安全に、簡単に実現するChange Intelligence ソリューションを開発しました。このソリューションはSAPとPanayaの相互の顧客に対して販売されます。

ソフトウエア大手SAPは、主要プラットフォームであるSAP S/4 HANAへの企業の移行を加速するため、国際的なイスラエルのソフトウエア企業であるPanayaとの協業を発表しました。

Panayaは企業のERPシステムをより迅速でより安全に移行やアップグレードを可能とするクラウドベースのSaaSソリューションを提供します。PanayaのChange Intelligence ソリューションは、リアルタイムリスク分析、精密なテクニカル診断、修正方法の指示や自動タスク生成などを提供し、IT部門が必要とする既存のSAPシステムの迅速で急激な変化に対応します。

Panayaの革新的なChange Intelligence ソリューションは、SAPユーザーへプロジェクトのリスクや、コスト、期間の大幅な削減を保証し、その結果企業の迅速で安全な移行を実現します。コアテクノロジーは静的コード解析エンジンに機械学習を組み合わせており、ソフトウエアのあらゆる変更に対してのリアルタイム分析、およびソースコードレベルでの修正内容の提示や自動コード修正機能も提供します。このソリューションは企業が仕様変更、影響調査、テストなどに対しての計画や、アプリケーションやソフトウエアのあらゆる変更をコントロールでき、より最適化されたユーザーフレンドリーなインターフェースによってより効率的に実現することが可能です。

Panayaは2006年に設立以降、65ヶ国で3,000以上の企業にサービスを提供してきました。本社、および開発拠点はHod Hansharon, イスラエルに位置します。

Zinette Ezra, Panaya製品開発責任者

“SAPとPanayaのこの革新的な協業は、SAPユーザーにとってSAP S/4 HANAへの移行による全ての価値を享受できることになり、真のイノベーションであると言えます。私共のChange Intelligence テクノロジーとSAPのイノベーションパワーにより、SAPユーザーはSAP S/4 HANAがもたらすビジネスに対しての恩恵を受けるまでに必要となる労力を大幅に削減することができるでしょう。”

Arik Lev, SAPイスラエル ソフトウエア アフィリエイト マネージャーは以下のように結論づけました。

“我々はPanayaとの協業をとても光栄に思います。我々の顧客に対してもSAP S/4 HAAへの移行によって重要な価値をもたらすと信じています。SAPは今後も引き続き専任のリソースを提供し、我々の全ての顧客の成功を目指し、次世代ERPによりシンプルに安全に移行できるようPanayaと共に進んでいきます。”

Panayaについて

PanayaはChange Intelligence プラットフォームにより、企業のアプリケーションの変革や継続的デリバリーを加速します。Panayaはクラウドベースでアプリケーションデリバリーおよびテストソリューションを提供し、ビジネスとITのコラボレーションを実現します。また、Panayaは品質を犠牲にすることなく迅速な変更リリースを実現し、最適化されたユーザーエクスペリエンスによってアプリケーションライフサイクルをEnd-to-Endで可視化することが可能です。2006年イスラエルで設立以降、65カ国でFortune 500の三分の一を含む3000社以上のお客様がPanayaを採用し、エンタープライズソリューションの変化に対する品質担保と迅速なデリバリーを実現しています。日本国内では2009年よりビジネスを開始し、300を超えるお客様のプロジェクトに貢献しています。